健康通販応援部blog

みなさんの健康を応援します♪

【猫のFIP治療にも人間コロナ薬が有効で話題】モルヌピラビル(ラゲブリオ)通販、在庫あり!

猫の病気FIPという死に至る病気の治療に、新型コロナウイルスの治療薬、モルヌピラビルが有効だという事を知っていましたか?

猫伝染性腹膜炎→FIP(Feline infectious peritonitis)という病です。

 

コロナウイルスが原因となっている全身的なウイルス感染症になります。

FIPは一度発症してしまえば、

通常の治療法では致死率100%近くで、助からない不治の病とされていました。

 

▼猫コロナウイルスを原因とするFIPの治療について

 

 

 

 

 

 

猫のコロナウイルスと人のCOVID-19の治療法

コロナウイルスとは、RNAウイルスと呼ばれており、

インフルエンザウイルスと同じく変異しやすい為、ワクチンが効かなくなってしまいます。


コロナウイルス感染症重篤になって亡くなってしまう理由は、

宿主側(猫or人)の免疫力が弱いため、

免疫の暴走(サイトカインストーム)が起きてしまい、最後は血栓ができてしまうからとされています。

コロナウイルス感染症の一番有効な予防・治療法は、
核酸アナログであります、モルヌピラビルがコロナウイルスの増殖を抑えてくれます。

人間用に開発されたモルヌピラビルは、

FIPに罹患した猫も救命が可能なのです。


※ただし、モルヌピラビルは細胞毒性があって、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼす可能性があるので、

猫の場合、mutianまたはsparkauraが効かない症例に限って用いることが多いようです。

 

動物病院や獣医さんももモルヌピラビルを個人輸入して使用しているところもあるようです。

 

 

 

もちろんそもそも人間用として、

コロナ感染後の服用で、死亡率、入院率を30%減少させてくれる治療薬でありますので、

自宅療養にて常備する方も急増しています。

 

→現在、モルヌピラビルは各個人輸入代行で売り切れ続出となっています。

 

↓↓

 

▼メデマートならモルヌピラビル在庫あります!

 

使用期限が23/1までのものとなります。

※記載のEXP(使用期限)をご覧ください

▼モルヌピラビル(ラゲブリオ)のジェネリック薬人気No.1

【モルキシビル(モルヌピラビル)の通販購入はこちらから💡】

 

 
 

 

 

▼【コロナ予防と治療で話題!イベルメクチン半額セール、今月末まで期間限定↓↓】

 

▼世界初の承認薬コロナ治療薬・モルヌピラビル【ラゲブリオ・ジェネリック】各サイトで売り切れ続出の中、在庫あり!※使用期限が23/1まで

 

 

 

人気売れ筋商品