健康通販応援部blog

みなさんの健康を応援します♪

【第7波7月以降からコロナ後遺症で倦怠感の訴え増加】イベルメクチンでコロナ対策を

第7波のコロナ感染拡大によって、

7月以降からコロナの後遺症として強い倦怠感が残ってしまって、治らない患者さんが増加しているとヤフーニュースで報じられています。

 

↑コロナ後遺症の割合

 

 

▼以下、引用

コロナ罹患後、数か月たっても倦怠感が残り、体調が本調子に戻らない。そればかりか、頭にもやがかかったようなブレインフォグの状態が続く、咳が取れない、起き上がるのがしんどいなど、症状の終わりが見えない。そんな「コロナ後遺症」の訴えが増えているそうです。

 

市中にはコロナ後遺症難民がたくさんいるのに、治療法は手探りが続く

コロナ第7波以降、7月からは倦怠感を訴える人が格段に増えました。従来であれば、このように倦怠感が続くが検査を受けても異常は見つからない場合、代表的な病名は「うつ」更年期障害」の2つでしたが、そこにもう一つ「コロナ後遺症」が加わったイメージです。

 

 

 

 

 

イベルメクチンがコロナの後遺症に有効だと、主張する医師の方々やネットでの情報を見かける事があります。

 

真偽はわかりませんが、

イベルメクチンはコロナの治療や予防で海外で使用されていて、有効性が実証されているデータがあります。

 

第7波の余韻もありますので、後遺症も含めてコロナ対策をしっかりしておきたいところですね。

 

 

▼今なら期間限定でイベルメクチン通販が半額です↓

 

【イベルメクチン【赤字特価のおまけつき】イベルヒールの通販購入はこちらから💡】

 

 

 

 

 

▼【コロナ予防と治療で話題!イベルメクチン半額セール、今月末まで期間限定↓↓】

 

▼世界初の承認薬コロナ治療薬・モルヌピラビル【ラゲブリオ・ジェネリック】各サイトで売り切れ続出の中、在庫あり!※使用期限が23/1まで

 

 

 

人気売れ筋商品