健康通販応援部blog

みなさんの健康を応援します♪

【モルヌピラビル各サイトで売り切れ続出!【在庫あります】】サンファーマ社はライセンス契約品で安心

世界初のコロナ治療の飲み薬、

モルヌピラビル(ラゲブリオ)が昨年末から日本でも承認され処方が始まっていますが、

なかなか供給されず、個人輸入でお守り代わりに購入する方が急増している状況です。

 

個人輸入ではこのモルヌピラビルがどこも売り切れ状態になっています。

しかし、メデマートならまだ在庫があります!

 

 

個人輸入で購入できるのはジェネリック薬になりますが、

ジェネリックって大丈夫なの?

と不安になる方もまだまだ多いようです。

 

現在では薬局のレジでも『こちらのお薬はお安いジェネリック薬もありますが、どちらにしますか?』と言われたりして、

身近なものになっています。

 

要はジェネリック薬とは、

特許が切れた成分を、

そのお薬を違うメーカーが同じ成分を使用して作成して良い事になっているので、

同じ効果が得られる同じお薬という事です。

 

開発費がかかっていない分、お安く提供できるのがジェネリック薬なので、安いからと言って粗悪品、というわけでは決してありません。

※同様に勘違いされがちなのですが、決して偽物、正規品でない、という意味ではありません。

 

 

▼そして、

モルヌピラビルのジェネリック薬で最も人気と知名度があるお薬が

【モルキシビル】サンファーマ社(サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ

です!

 

しかも公式にライセンス契約を交わしているジェネリックなので安心です。

 

▼以下、引用

メルクはモルヌピラビルの製造をすでに開始しており、年末までに1000万回分を製造する予定。米政府とFDAの許可を取得次第、170万回分を供給する総額12億ドル(1360億円)の契約を結んでいる。

 その一方で、世界各国がモルヌピラビルを入手できるようにするとしており、低所得国にも行き渡るようにインドのドクター・レディーズ・ラボラトリーズやサン・ファーマシューティカル・インダストリーズなどのジェネリック医薬品(後発薬)メーカーとライセンス契約を交わしているという。

 

▼以下、引用

ジェネリックで世界第4位の製薬会社サンファーマ。1983年インドのムンバイで創業され、その医薬品は世界150カ国以上で提供されています。従業員3万人以上を擁し、その国籍は50を超えるグローバル企業。2012年3月に日本法人を設立。昨年10月、日本での業績拡大を受けて、中道氏が代表取締役に就任されました。

 

 

 

他の個人輸入代行サイトではほぼほぼ売り切れになっております、

サンファーマ社のモルキシビルですが、

メデマートならまだ在庫がありますのでお早めに!

 

▼世界初の承認薬コロナ治療薬・モルヌピラビル【ラゲブリオ・ジェネリック】各サイトで売り切れ続出の中、在庫あり!※使用期限が23/1まで

 

 

 

【モルキシビル【モルヌピラビル】の通販購入はこちらをクリック💡】

▼【コロナ予防と治療で話題!イベルメクチン半額セール、今月末まで期間限定↓↓】

 

 

 

 

 

人気売れ筋商品