健康通販応援部blog

みなさんの健康を応援します♪

【人気のフォシーガの効果とは?ダイエットで使用して大丈夫なの?】飲むだけ糖質制限ダイエット!

人気の糖質制限ダイエット医薬品、【フォシーガ】の効果とは?
 
ダイエット目的で使用しても本当に大丈夫なの?
 
というご質問が多かったので、他サイトの引用も含めてご紹介したいと思います。
 

▼以下、引用

 

フォシーガは、糖尿病の治療に用いられる、SGLT2阻害薬という薬の一種です。

 

SGLT2阻害薬を服用すると、1日に80g(320kcal相当)の糖が排出されます。
320kcalというのは、体重50kgの方が約2時間ウォーキングした際や45分程度ランニングした際の消費カロリーに相当します。
糖を体外に排出することで、多量のカロリーを消費でき、体重減少につながります。

では、フォシーガはどのように糖を体外に排出するのでしょうか。
腎臓では1日に150Lもの原尿が作られています。
原尿から体に必要な栄養素やミネラルを再吸収し、最終的に体外に排出される尿の量は1.5L程度です。

血液中の糖は一度原尿の中に排出されますが、そのほとんどが再吸収されます。
再吸収される際、糖は腎臓のSGLT2という輸送タンパクを介します。
SGLT2阻害薬は、SGLT2の働きを抑えることによって糖を尿中に排出します。

糖は主要なエネルギー源です。
SGLT2阻害薬を使用すると、エネルギー源である糖を積極的に体外に排出します。
そのため、糖の代わりに脂肪をエネルギー源とすることにつながり、脂肪燃焼効果も期待されます。

 

糖尿病患者に対するフォシーガの体重減少効果は多く報告されています。
ある調査では、1年間の投与で平均2.8kgの体重減少と脂肪燃焼効果が確認されています。
なお、この調査結果はあくまでも糖尿病患者がフォシーガを服用した結果です。

出典:有坂知之(2016)【選択的SGLT2 阻害薬ダパグリフロジンの血糖改善効果と体重・内臓脂肪への影響

フォシーガによる体重減少の作用機序として、糖の排泄と脂肪燃焼の効果が挙げられます。
また、体重減少は内臓脂肪や皮下脂肪が減少したことによるもの、という報告もあります。
フォシーガが、実際にダイエット目的で処方されていることからも、体重減少効果が広く認知されていることがわかります。

 

フォシーガは糖尿病、心不全、慢性腎臓病に対して保険適用されている治療薬です。
そのため、体重減少目的での購入の場合は保険適用外となります。
あるクリニックでは、30日分処方した際の費用は、5mg錠の場合が1万6000円、10mg錠の場合が2万5000円程度となっています。

フォシーガを体重減少目的で使用する場合はほとんどが自由診療となるため、各医療機関によってかかる費用が異なります。
受診する前にホームページなどで確認するようにしましょう。

【フォシーガ:有効成分ダパグリフロジン5mg/10mg💊の詳細はこちらから💡】

 

上記の引用文からもわかるように、

フォシーガの体重減少効果は、医学的に証明されています。

 

ただ、もともと糖尿病治療のお薬であり、ダイエット目的でも大丈夫か?

と抵抗がある方もいるかもしれませんが、

クリニックなどでもダイエット目的でのフォシーガの処方をされているのが現状なので、

ご安心いただければと思います。

 

▼上記から引用分

あるクリニックでは、30日分処方した際の費用は、5mg錠の場合が1万6000円、10mg錠の場合が2万5000円程度となっています。

↑↑

個人輸入ならフォシーガジェネリック【ダパベル】が

30錠(1ヶ月分)で4500円(5mg/10mg共に同額)です!

 

クリニック処方(10mg)

30錠 2万5000円→1錠833円

個人輸入で通販購入(10mg)

30錠 4500円→1錠150円

 

となり、

なんとクリニックで処方されるのと、約6倍も安く購入が可能なんです!

 

更には、

1日1回5mgを服用なので、

10mgをピルカッターで半分に割って服用すれば60錠分(2ヶ月)で4500円で、

なんと1錠75円の計算になります。

 

ぜひ個人輸入でフォシーガをお試しいただければと思います!

 

 

▼【フォシーガの個人輸入で通販購入はこちらから💡】

 

 

 

 

 

 

▼【コロナ予防と治療で話題!イベルメクチン半額セール、今月末まで期間限定↓↓】

 

▼【今月末までの各ED治療薬の半額セール中!!】

 

 

 

 

 

人気売れ筋商品